【連載】れいコラム No.25 #学校の図書室

子どもの小学校に「図書ボランティア」という活動があります。図書室の本の修理や整理、飾りつけなどの工作、読み聞かせなどを行うもので、私は今年から参加しています。

ページが何枚も取れたり破れたりしている本も少なくありません。のりやテープで修理して、大事に使い続けています。どの本も基本1冊しかないので、今子どもの間で人気のある本は、4人、5人と順番待ちになったりしています。

予想以上にたくさんの子ども達が図書室に来てくれる事にも驚きました。授業の合間の短い休み時間にワーッと入ってきて、楽しそうに本を選んで借りていきます。時には、授業中のはずの時間にフラッと1人で来て、図書の先生と話していく子どももいます。

先生は「図書室は、居場所がなくなり教室や校舎から脱走する子の最後の砦なので、来る子には『福祉的に対応』したいと私は考えています」と言います。授業のように目標地点に引き上げる「教育的対応」に対し、「子どもの安全と幸福を最優先する」対応を目指す、と説明されました。

そんな先生の姿勢に、親として感謝の気持ちを感じつつ、学校に図書室があってよかった…と思います。使い古された本が一杯の、普通の教室1個分くらいの大きさしかない小さな図書室ですが、学校の中のオアシスのように、特別な空間と役割になっていると思います。
図書ボランティアは、そんな図書室の空気を感じつつ、本を通じて子ども達に関われる、とても楽しい活動です。

#学校の図書室 #埼玉県 #れいコラム

【連載】れいコラム No.23「放置」とは違います #県虐待禁止条例

(このコラムを最初に書いた10月7日時点、埼玉県議会で自民党が提出したある条例案に、日本全国がびっくりしていました。事の顛末も踏まえ、加筆して改めてアップさせて頂きます。)

埼玉県では、子どもは1人で家にいてはいけない。子どもだけで外で遊ぶのもいけない、登下校さえもいけない。なぜなら、それは「放置」であり「虐待」だから…。 「放置や置き去りによる悲惨な事件をなくすため」と称して、自民党埼玉県議団がそんな条例案を、 9/28に突如として提起しました。
自民党+公明党の2党によって数の力で委員会を押し通し、10/13の本会議でも同様に2党で可決する構えを見せました。

共産党などの質問により、多くの子育て家庭で普通に行われている光景が「放置」「虐待」と決めつけられる事が明らかになりました。議会はもちろん日本全国が驚き、マスコミも 「頭おかしい条例」 などと大きく報じました。
新婦人、さいたま市PTA協議会など多くの市民団体が異議を唱え、わずか1週間少々のうちに反対署名が10万筆を超えました。
さすがの自民党も慌てて、本会議での採決は見送られ、団長の田村たくみ氏が 「説明不足」 をわびる、という顛末になりました。

子育ての実際を知ろうともせず、何と雑な発想か…と驚きます。共産党など多くの人が、保護者にあまりに非現実的な負担を一方的に押し付ける内容に怒りの声を上げていました。でも私は、子ども達の自由を大きく制限する内容である事に、まず驚きと憤りを感じました。
子どもとその保護者の意思や判断、選択を尊重せず、現実離れした広範な禁止事項を突然定め、負担を強制してはばからない。直近の他の問題でも感じてきた、自民党による 「人権」を軽視する政治が、典型的に表れたと思います。
子どもや保護者(特に母親)を特になめている事の表れでもあると思います。例えば「高齢者による悲惨な事故をなくすため、〇〇歳になったら免許強制返納!」などという事は、彼らは言わないはずです。

当然ですが虐待をなくすためには、貧困対策や親も含めた子育て支援こそ必要であり、政治の仕事だと思います。自民党埼玉県議団は、ろくに現実を把握もできていないのに上からズレた禁止事項を振りかざしている暇があるなら、本気を見せてほしいと思います。賛成した公明党も。

【連載】れいコラム No.13 #埼玉県知事選

8/6(日)は埼玉県知事選挙の投票日ですね。私も先日、見沼区に来た柴岡ゆうま候補の応援で、候補者カーのアナウンサーをさせて頂きました。
SNSではほっそりソフトな印象でしたが、間近で見た柴岡候補は長身でたくましく、ソフトな中にも気迫がみなぎり、とても素敵でした。

現職の大野知事は、前回対立した自民党からも支持を受けています。自民・公明・国民・維新・立民の支持を受け、共産党以外の「オール与党」の形です。
でも、それで果たして住民第一の政治はできるのでしょうか。同じくオール与党状態のさいたま市政を見れば、住民の福祉にはとことん冷たく、大開発には糸目をつけず、誰のための政治か、と思う事がたくさんです。

自民党との一体化が進む大野県政を批判して「たたかう事が県民の利益につながる」と擁立を決めた共産党。「生きることを励ます県政に」を掲げてたたかう柴岡候補を心から応援しています。

運行予定表のご連絡 3月31日(金)〜4月8日(土) #選挙に行こう #選挙へ行こう

皆さん、こんにちは。関谷れいこです。

3月31日(金)〜4月8日(土) 埼玉県議会議員選挙期間中の「運行予定表」をご連絡いたします。引き続き応援よろしくお願いいたします。

※急な予定変更の際は、SNS等でお知らせできればと思います。

2/15(水)AMと、2/18(土)AM、#とばめぐみ さん と #関谷れいこ のペア宣伝をします!

皆さん、こんにちは。関谷れいこです😃

2/15(水)AMと、2/18(土)AM、とばめぐみさんと関谷のペア宣伝をします!
2人揃う貴重な機会なので、動画やチラシ用の写真も撮りながら、楽しく行いたいと思っています✨

つきましては、皆さんお忙しいとは思うのですが、ご都合つく所に、聴きにきて頂けたらありがたいです💕
宣伝スポットは、以下になります。(メモ書き入っていてごめんなさい…)

とばめぐみさんと関谷のペア宣伝チラシ
とばめぐみさんと関谷のペア宣伝チラシ

2/15(水)のペア宣伝は…
 9:50 東大宮武蔵野銀行前
 11:10頃 春野アーバン郵便局前

2/18(土) のスポットは、私もこのチラシだけではよくわからないんですが、、。
春岡支部からだと、2/15(水)の武銀、春野郵便局、2/18(土)の七里グリーンハイツ、東大宮西口の砂団地 あたりが 比較的近いと思います。

2/18(土)AM(各20分程度)
 10:00 七里グリーンハイツ貯水池横
 10:30 県営大宮東宮下住宅前
 11:00 東新井団地6号棟前
 11:30 大和田マルエツ前
 12:00 東大宮 県営砂団地A棟前

来れそうな方、事前に一報ください。詳しい場所をご連絡するようにします。

2/18(土)10時 #とばめぐみ さん と #関谷れいこ のペア宣伝(七里グリーンハイツ貯水池横)
市政に #とばめぐみ 県政に #関谷れいこ さいたま市見沼区♪ 
@reikosekiya

ここ見沼区からは現職さいたま市政に #とばめぐみ 埼玉県政に新人の #関谷れいこ#日本共産党 #JCP

♬ オリジナル楽曲 – 関谷れいこ – 関谷れいこ
ここ見沼区からは現職さいたま市政に #とばめぐみ 埼玉県政に新人の #関谷れいこ♪

自己紹介ミニ動画ができました

沢山の方と一緒に作った、思いが詰まったミニ動画です。ご覧ください〜🥰

つながって一緒に変える『関谷れいこ』日本共産党(JCP)
@reikosekiya

つながって一緒に変える『関谷れいこ』ミニ動画ショート版 #日本共産党 #JCP

♬ オリジナル楽曲 – 関谷れいこ – 関谷れいこ
つながって一緒に変える『関谷れいこ』ミニ動画ショート版

1/1(日)11時・大宮駅東口新春駅頭宣伝

こんにちは。
取り急ぎ元旦の予定をお知らせします✨
大宮駅東口にてスピーチに立ちます。とばめぐみさんと仲間達も一緒です!
お近くの方はぜひ見にいらしてください💕

1/1(日)11時 大宮駅東口にてスピーチに立ちます。
2023年元旦の街頭演説 埼玉・大宮駅東口 #塩川鉄也 #いわぶち友 #伊藤岳
2023年元旦の街頭演説会(写真:https://twitter.com/YoshikaNaka

ちなみにその次は1/4(水)11時、南中野ヨークマート前に立ちます✨
その後も計画済みです。後ほどまとめてお知らせします!

4月9日の統一地方選挙で全国各地で希望が芽吹きますように。
新春から頑張ります!

ヨークマート 大宮南中野店
〒337-0042 埼玉県さいたま市見沼区南中野840-1
048-688-1301

片柳地域にて街ナカ演説
片柳地域にて街ナカ演説

自己紹介

こんにちは。日本共産党の関谷れいこ(関谷玲子)です。現在47才、小学校1年生と4年生の2人の子育て真っ最中です。

新型コロナがきっかけとなって今の政治の異常さに気づきました。一方的に押し付けられた一斉休校。熱があるのにPCR検査が受けられない。補償はないのに「自粛」を求められる…
SNSで調べるなかで、政府を真正面から堂々と批判し、理にかなった政策を訴えている政党にたどり着きました。それが日本共産党でした。

民間企業でシステムエンジニアとして24年間働いてきました。
今の政治の一番の異常さは、人をどこまでも「コスト」としてしか見ないことです。だから、できるかぎり賃金は抑える。社会保障は削る。税金は搾り取る。
こんな政治がもう30年も続いています。

今必要なのは、人を搾り取って使い捨てにする政治を根本的にあらためることです。
政府が後押しして私たち全員の賃金を上げていく。命と暮らしを手厚く支えて1人1人が力を発揮できる社会にしていくことです。

そのような思いを胸に埼玉県政に挑戦します。
国の政治がひどい今、県の役割が重要です。子育ての分野、福祉の分野、環境の分野…。県が果たせる役割はたくさんあります。
国の言いなりになるのではなく、私たちの命と暮らしを守る埼玉県にしていきます。

私は長い間、政治は自分に関係ないし、自分にできることはないと思い込んできました。同じ思いの方もたくさんおられると思います。
だからこそ、私は政治をもっと「見える」ようにしたい。私たちが正しく見て、知って、一緒に声を上げるようになれば、政治は変えられます。
みんなでつながって、政治を一緒に変えていきましょう。

2020.11 街頭スピーチ(写真)
2020.11 街頭スピーチ(写真)
東大宮駅 駅前アンケート(写真)
2020.11 街頭スピーチ #スピーチ #日本共産党